Step One DTM School自由が丘教室からのお知らせ

当DTM教室講師が1時間で曲作りした動画公開

2017年07月17日

エレクトロニカ風トラックを制作しました

 
生徒さんから「ピアノを使った曲を作って欲しい」というご希望を受け、レッスン時間内に1曲作り上げた模様をYoutubeに公開しました。

Cubase Pro 9の新機能サンプラートラックを始め、Cubaseならではの機能をふんだんに使い、素早く曲を仕上げていく模様をお楽しみいただければ幸いです。

【目次】

1.元となるピアノを打ち込む
2.ピアノをサンプリングしてフレーズ再構築
3.ループするネタとなる4小節のピアノモチーフ作り
4.Stylus RMXでドラムループ作り
5.曲に合わせてドラムループをエディット
6.出来上がったドラムループをコピペ
7.ドラムループの音量バランスをとる
8.EQとコンプで音作り
9.Battery4でTR-808 Kickを加える
10.Battery4付属サンプルから音選び
11.TR-808 Kickを曲に重ねる
12.曲のベーシックが完成
13.LoopMash Fxでグリッヂアプローチ
14.Audioに書き出して波形編集
15.フレーズの元ネタになるものを切り出し
16.ピアノのフレーズを波形編集で作りこむ
17.上モノを加える(Omnisphere2)
18.上モノを加える(Spector)
------Cubaseがクラッシュ------
19.バックアッププロジェクトから復元-作業やり直し
20.Omnisphere 2で作ったパートを作り込み
21.テーマに当たるパートが完成
22.展開部用にドラムパートを作る
23.展開部用のピアノパートを作る
24.出来上がった展開部に合わせてドラムパートをブラッシュアップ
25.MediaBayでLoop素材を探し、加える
26.Trilianでウッドベースパート作り
27.最後に曲構成を微調整
28.トータルコンプ,トータルEQ,isotope Ozone7でマスタリング処理(音圧上げ等)
29.最後の最後に少しフレーズ足したり微調整
30.完成

【動画内使用機材等】
Apple iMac 27inch 2013 late
Korg MicroKey37
Roland RD700NX
UNIVERSAL AUDIO Apollo Quad+Apollo Twin Duo

Steinberg Cubase Pro9
Synthogy Ivory II American Concert D
Spectrasonics Stylus RMX
Spectrasonics Omnisphere
Spectrasonics Trilian
XLN AUDIO Addictive Drums 2
Waves C1
Waves Q10
Waves VEQ4
Waves RComp
UAD Manley Massive Passive EQ
UAD Fairchild 670 Compressor
iZotope Ozone7

動画はこちらから
 


教室からのお知らせ 制作風景