Step One DTM School自由が丘教室からのお知らせ

EDM制作定番シンセXfar Records SERUMの使い方レッスン

2017年05月30日

Xfar Records SERUMを導入しました

 
EDM制作の定番シンセ、「Xfer Records SERUM」とサイドチェインコンプ効果を簡単に作り出せるプラグインエフェクト「Xfer Records LFOtool」を当DTM教室に導入しました。

当DTM教室にお越しの現役DJ/トラックメイカーさんから「サブベースから使い出すと良い」と聞きましたので、早速当教室講師もサブベースで使ってみました。
なるほど、ド派手な音を出すというイメージのSERUMですが、メインをSylenth1なんかで作って、サブベースをSERUMという使い方は、地味なようで、ソツなくベーストラックを分厚く出来るテクニックですね。

LFOtoolも、シンプルな裏打ちならば、正直Waves C1である程度追い込めてしまうのですが、C1のリリースタイムでノリを追い込むよりも圧倒的に手早く簡単に、さらに、フィルターも使えるので、アイディア次第で様々な効果が出せる優れものでした。

当DTM教室では、具体的な使い方レッスンを承っております。

当DTM教室のレッスン対応DTMソフトについて >
 


教室からのお知らせ